夫に内緒で解決したい!

夫に内緒で借りたお金が返せなくなってしまった。ナイショで問題解決をしたいです。不安なので日記にします。

免責不許可事由というのは破産宣告しようとした人に対してこういったリストにあたるな

免責不許可事由というのは破産宣告しようとした人に対してこういったリストにあたるならばお金の免除は認可しないという内容をならべたものです。

だから、端的に言うと完済が全く行き詰ったような状況でもその事由にあたっている方はお金の帳消しを認められない場合があるというわけです。

つまり破産宣告を出して免責を勝ち取ろうとする人にとっては、最後の関門が前述の「免責不許可事由」なのです。

これは不許可となる事項です。

※浪費やギャンブルなどで、極端に財産を減らしたり、莫大な借金を抱えたとき。

※破産財団となる信託財産を秘匿したり破壊したり、債権を有する者に不利益に処理したとき。

※破産財団の負担を偽って多く報告したとき。

※破産申告の責任を持つのに、ある貸し手にある種のメリットを与える意図で担保となるものを供したり弁済期より前に借金を払った場合。

※すでに弁済できない状態なのに、現状を伏せて債権を持つものを信じさせて上乗せしてお金を借りたり、クレジットによりモノを買ったとき。

※ウソの債権者名簿を裁判所に提出した場合。

※免責の申請の前7年以内に債務の免責を受理されていた場合。

※破産法の定める破産申告者の義務内容に違反した場合。

上記8項目にあてはまらないのが免除の要件ですが、これだけで実際的な案件を考えるのは一定の知識がないなら簡単ではありません。

さらにまた、頭が痛いのは浪費やギャンブル「など」と書かれていることからも分かると思いますがギャンブルというのはそのものは具体的な例のひとつでほかに書いていないものが多数あるというわけです。

例として言及されていない場合は各事例を挙げていくときりがなくなってしまい例を定めきれなくなるようなときや、以前に出た判決による事例があるので例えばある状況がそれに当たるかは専門家でない人にはすぐには判断が難しいことが多いです。

でも、自分がなるなんて考えもしなかったような場合でも免責不許可という裁定を一度宣告されたら判断が元に戻されることはなく、返済の責任が消えないばかりか破産申告者としてのデメリットを7年間背負い続けることになるのです。

ですから、悪夢を回避するために破産の手続きを選択するときに少しでも安心できない点や理解できないところがあったら、すぐに経験のある弁護士に声をかけてみて欲しいのです。

債務整理で、同じ銀行に2つ口座がある場合も、凍結になるのですか? 1つ目の口座...」 より引用

債務整理で、同じ銀行に2つ口座がある場合も、凍結になるのですか? 1つ目の口座は任意整理する支店です。 2つ目は別の支店です。…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋