夫に内緒で解決したい!

夫に内緒で借りたお金が返せなくなってしまった。ナイショで問題解決をしたいです。不安なので日記にします。

自己破産申請は、端的に説明すると債務返済が不可能になったという判断を与えられた時

自己破産申請は、端的に説明すると債務返済が不可能になったという判断を与えられた時に借金を持つ人が手にしているほぼ全部の財(生存していく上で最小限不可欠なものは持つことを保証されている)を接収される一方ほぼ一切の借金が免責になるのです。

自己破産に及んだ後労働の結果得た所得や新規に保有し出したお金を債務に使用する必要、法的義務は一切存在せず借入者の再生を助けるために整えられた制度ということになっています。

債務返済における問題を抱える人々が持っている悩みには自己破産申立てを実際に行うことへの心理的不安があるかもしれません。

自分の同僚に知られてしまい以降の人生に悪影響をこうむるのでは?という風に思ってしまう人がなぜか多くいらっしゃいますが実際には支障をきたすような縛りはありません。

自己破産の申告は多くの債務、身の丈を越えた借金によって社会的生活の維持が困難な人々を更生させることを目指して国で整備した枠組みなのです。

自己破産が認定された人についてそれ以後の日常の中で不都合を強いられるような場面はなるべくないように定められた制度と言えるでしょう。

ところで、自己破産の手続きをするにあたっては確実に満たしておかなくてはいけない基準があるので覚えておいてください。

それが何かと言うと未返済金などの債務をどうやっても返還することが出来ない(債務返済不能状態)だという民事的なみなしです。

債務の多寡あるいはそのときの給与を斟酌して破産申請者が返納出来ない状態だといったように司法機関から見なされたときに自己破産をすることができるのです。

もし自己破産希望者の全債務が100万円である一方で一ヶ月の給料が10万円。

こんな例では債務の返済がとても困難なため弁済不能状態というように裁定され自己破産を実行出来るようになります。

その一方では一定の職に就いているかどうかということについては手続き上重視されず自己破産というものはその人が今まで通り労働して債務返済がとても難しい状態にある人が適用の対象になるという制約があるので、労働出来る状態である上に、働ける環境にあると認められれば借入金の合計が二百万円に届かないという場合自己破産認定の手続きが受理されないようなことも起こり得ます。

「現在1件闇金の借り入れの債務整理を弁護士に依頼しているのですが弁護士から相手と...」 より引用

現在1件闇金の借り入れの債務整理を弁護士に依頼しているのですが弁護士から相手と連絡が取れないと言われており、この様な場合はどうすればよろしいのでしょうか? 弁護士の方にはもし闇金 から連絡があれば電話番号を控えておいて下さいとは言われたのですが会社や家族に連絡が行かないか心配です 何か対策やこの様な状況になった経験がある方はお力添えをお願いします。 因みに闇金は090闇金です…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋