夫に内緒で解決したい!

夫に内緒で借りたお金が返せなくなってしまった。ナイショで問題解決をしたいです。不安なので日記にします。

破産の手続きを行ったとしても裁判所などから家族や親類に直接連絡がいくことはないで

破産の手続きを行ったとしても裁判所などから家族や親類に直接連絡がいくことはないでしょう。

それを真に受ければ、親族には秘密がばれないように自己破産申請が可能だとも考えられます。

ですが、現実問題として自己破産を申し込む際に公的な機関などから同居家族の収入を証する書面や銀行の預金通帳のコピー等といった書類資料の提供を要求されるというような事態もありますし借入先から家族や親族へ通知が来るといったようなこともよくありますから、気付かれてしまい破産の申告がすることができるという保証は得られないといえるのです。

無理に知らせずにしておいてそれ以後に知れ渡ってしまうことに比べれば、まず最初から誠実に本当のことを打ち明けて皆が協力し合って自己破産申立てを試みる方が望ましいでしょう。

しかし同居していない家族に関しては、破産の申立てを実行したことが事実が知れ渡ってしまうようなことは心配する必要はないといえるでしょう。

妻あるいは夫の支払義務をなくすために別れることを計画する早まった夫婦もいるとのことですが、実際は、夫婦同士であっても自分が連帯保証人という立場になってしまっていないということであれば法律上の支払義務はないと言えます。

ただ(連帯)保証人になってしまっている場合は仮に婚姻関係の解消を行ったとしても保証人としての責務は残存するから支払義務があると言われます。

ですから、婚姻関係の解消をしただけで借りたお金の支払い義務がなくなるといったことはまずないのです。

そして借りた会社が借金を持つ人の近親者に支払いの督促を行うような場合もありますが連帯保証人又は保証人になっていないのであれば親と子供ないしは弟と兄といった家庭間の負債だとしても借り主以外の家族や親類に法的な支払義務はまずないのです。

実際は、債権保持者が支払に対する強制力を負っていない家族の方などへ支払請求をすることは貸金業の規制法を参照する上での行政の業務規則の中で制限されており支払いの催促の実行方法にもよりますが支払いにおける督促の規制に反することにもなります。

よって法的な支払義務が存在しないにも関わらず借りた人の家族が催促を受けたとすれば、貸し主に督促を停止するよう注意する内容証明郵便を出すのが良いでしょう。

往々にして破産申請者本人のことが見てられないからと思って本人を除く近親者が貸与されたお金を代理となって返すような話もありますが本人が好意に他力本願になって何回も多重債務のトラブルを蒸し返してしまうことがないとは言えません。

という訳ですから、借金を持つ本人気持ちを考えれば血も涙もないかもしれませんが借金を持つ本人力で債務を返させるかそれが現実的でないようであれあば自己破産申立をさせた方が借り手本人の健全な社会生活を全うするためには良いと思われます。

「客の債務整理を委託した弁護士から お客さんの売掛(負債)を把握する為に弁済状況と...」 より引用

客の債務整理を委託した弁護士から お客さんの売掛(負債)を把握する為に弁済状況と残債務額を記載した書面を送ってくれと手紙が来ました。 当方、個人事業主でこのような事は初めてなので分かりませんが、残高額を送ったとしても1円も入ってこない訳で当方にしてみれば損失です(申告の際に径費で計上出来るけど) 残高と弁済状況を送った後、どのような運びになるのでしょうか? 書面にて売掛はなかった事に!ってなるの…(続きを読む)

引用元:Yahoo知恵袋